meblog.tech ~めぶろぐてっく~

weblogを再定義しつつ、自分のブログをIT関連の内容を中心にして作りあげていきたい。

3 1

どう見てもただの独り言②

①の続きです。

まだ見ていない方は前記事から読むのがお勧めです。



待望の新メーラーアプリ。その名も「Communicase」。

リリース時「SPモードメール」よりマシかという反応、

(´・ω・`)ガッカリ…という反応が見られました。



マシかと言った人たちは2011-12年冬モデル以降の機種を買った人たちです。

これらの殆ど(Galaxy Nexus除く)はdocomoメアド対応しています。

しかし、Galaxy Nexusや2011年秋モデルまでの人たちは

以前のSPモードメールしか使えないぞ、と来たわけです。

まあPOP3メーラーとしては使えますが…

普通使わないだろと…

酷い殿様商売だよね、これ



この線引きはdocomoApplicationManagerがプリインされているか否か。

プリイン→docomoメアド対応、POP3対応

非プリイン→docomoメアド非対応、POP3対応

という格好。



確かに、リリース時のバージョンでもSPモードメールよりは使いやすいです。

しかし、Communicaseのリリース時よりも更に使いやすくなっています。



なかなかdocomoにしては高評価を得られていたCommunicaseですが、

プリインはしないんで、使いたい方は自分で入れてねという対応だったため

非常にマイナーなアプリになっている感じがします。



リリース当初暫くはapkファイルが解析され、

パッチ適用版apkがうpされているのが散見されました。

Xperia arc等の2011年以前2.3機種でdocomoメアド対応させていました。

しかし、バージョン1.10になり内部ソースコードが一新。

解析もやり直しになったため流石にまた解析されることはありませんでした。



自分は最初docomoROMで通常通り導入し、

Xperia S化したあとはしばらくして

必要ファイルが判明したため再導入しました。



なんと導入が完了してまもなく「ドコモメール」が発表されたのです。



まだまだ続きそうなため③に続きます。
3 1

どう見てもただの独り言①

というわけで新年早々独り言としてdocomoのAndroidネタを投下します。

勢いだけで書いてる部分もありますので多少の悪文は失礼させて頂きます。



docomoのAndroidユーザーから酷い評価を受けている

「SPモードメール」(Google Play)。

バージョンの付け方も今までに見たことのない酷さです。



なんと最初バージョン「1000」から始まり、

今は「6010」と「6100」の2種類が最新版になっています。

一体何なのや!と思うのですが、公式によると

「6010」はAndroid 4.1以降(JB)用最新バージョン、

「6100」はAndroid 4.0以下用最新バージョンらしいのです。



2chのスレでも「5400」という古いバージョンが最強!等と言われちゃってます…

しかもこのバージョンのapkファイル持ってないからクレクレする人も…

なぜこの5400が最強と言われてしまっているのか?

それはメッセージSとWi-Fi使用時の脆弱性にあるのです。



それぞれの説明を簡単にすると、

メッセージS(スペシャル)とは、メッセージR(リクエスト)に並んで

スマホ用のお得な(余計なお世話)メッセージが届くというもの。

「5900」以降が対応していて、同意画面で黙って同意すると、

受信のチェックが入っているため勝手に受信するのと変わりありません。

そのせいもあり、メッセージS(宣伝)と言われてしまう始末。



Wi-Fi使用時の脆弱性というのは

「5400」までのバージョンに存在する脆弱性(セキュリティホール)のこと。

確かアドレス情報が平文(非暗号化状態)で通信していてそれを傍受されると

アドレス流出とかそんな感じだったと思います。(違ったらごめんね)

このせいでWi-Fi時の受信処理を変えてしまい不便になっています。

Wi-Fi使用時1度目の受信で失敗した時の具体的な処理として、

「5400」以前はWi-Fi受信失敗→自動でリトライ→2度目で成功(着信音・通知)

「5500」(5400の次)以降はWi-Fi受信失敗→受信失敗通知(着信音無し)

赤太字で書いたところが問題なのです。

メールが来たことを知らず放置してしまう危険性があるのです。

それで傍受されてアドレスが漏れることよりも

利便性をとる人のほうが多いのです。



「@docomo.ne.jp」のアドレスをしょうがなく使う人も多い現状。

ガラケー(従来の携帯)の人等知らずに

PCメールを全てブロックしている人も多い。

Gmail使いたいがこれもPCメールで届かない。

でもSPモードメールアプリは使いにくい…

そんな時に去年待望の新メーラーアプリが登場したのです。



②に続く
3 1

Xperia S(ICS) Communicase導入

通常Communicaseは入りませんが…

root取って作業すればWi-Fi含め全機能を使うことが出来ます!



※先にroot奪取、

ESファイルエクスプローラーインストール(以下ESマネージャーと表記します)、ESマネージャーの設定のルートオプションからルートエクスプローラをオン、同時にファイルシステムをマウントしてください。

(てか済んでる人の方が多いと思うけど一応)

※at your own risk(自己責任)

作業前にCWMのバックアップを推奨します。



①面倒・手早く進めたい方へ

(NX偽装済んでる方はスキップ可、分からない方はとにかくやる!)

Xperia S(6.1.A.2.50)NX偽装build.prop(パスワード 無し)

これをESマネージャーで

/system/

にコピーしてパーミッション644にしてください。

ちなみに他のシステムver.でもICSである限り使えますが

本体情報表示がSO-02Dの6.1.A.2.50になります。

これでGoogle PlayストアのアクセスはNXからと見なされ

アプリインストール可になります。





libdaaCrypto.so、docomoAccountAuthenticator.apk、

DcmWapPushHelper.apk、WAPPushManager.apk

これら4つを上記リンクからDLしてください。

(パスワード NX/Sのコードネーム。ヒントは新幹線。)

端末本体でDLするかPCでDLした後

端末本体の任意の場所にコピーしておいてください。



③再びESマネージャーで

libdaaCrypto.soを/system/lib/に、

あとの3つは/system/app/にコピーしてください。

全てパーミッション644にしてください。

ブートループに陥らないとは思いますが正しく動作しません。



 



④再起動して正常起動したら

Google PlayストアからCommunicaseを通常どおりインストール。



⑤通常通りCommunicaseの設定するとWi-Fi含め@docomo.ne.jpの

送受信が可能であることが確認できると思います。



※もしダメな場合、以下も試してみてください。

先ほどDLした4つのうち末尾が「.apk」となっているファイルを

ESマネージャーでタップして開きます。

すると「システムアプリですが上書きしてOK?」と聞かれます。

OKを押しインストールしてください。

上記の手順でapkファイル3つ上書きしてみてください。

また、Wi-Fi通信になっていないことも確認してください。

またシステム起動直後や、3G切り替え直後は

設定が出来ない場合がありますので数分待ってから作業を試してください。



起動して設定が済んだら快適なCommunicaseが使えます。

SPモードメールなんて嫌という方試してみては?

(参考:作業時間20分~)
3 1

Xperia S XTXperience用音量30段階・スクロールキャッシュ無効化

有志の方が頑張って作成されたようです。

【ROM焼き】XperiaNX/S root3 779番さんに感謝!



!注意!

XTXperienceを使っていない方は適用しないでください!

使ってない方は別のファイルとなりますのでご注意を!

at your own risk(自己責任)でお願いします!



差し替えるファイルはこちらからDLしてください。

framework.jar(v2,v4,v6.1で動作確認済)

パスワード:NX/Sのコードネーム(アルファベット小文字)

(ヒント:新幹線)



※上記rootスレの779番はリネームの必要がありましたが

こちらでUPしたものはリネーム済のため必要ありません。



端末でDLするか、PCでDL後端末の内蔵ストレージにコピーしてください。

root取得していることを確認し、念のためCWMでBackup。

ESファイルマネージャーなどで/system/frameworkにコピー。

パーミッションが644になっていることを確認。

適用したら再起動。



以上でメディア音量30段階化とスクロールキャッシュ無効化されると思います。
3 1

Android版Flash Playerをインストールする方法

今年(2012年)8月15日以降Google Playストアから

Flash Playerのインストールが不可能になりました。

これによってソーシャルゲームや動画サイトなど

Android端末からアクセスしても表示できない場合が出てきます。



幸い、AndroidはiPhoneと違いストア以外から

インストールすることが可能です。(~Android4.0)

それを利用して、開発元であるAdobe(アドビ)は

公式サイトからのDLを出来るようにしています。



手順

1)Androidバージョンが分かっている場合は2へ進んでください。

設定→端末情報をタップ。Androidバージョンは何かチェックしておきます。

使えるのは2.2.x,2.3.x,3.x,4.0.xのいずれかである場合です。

xは適当な数字が入ります。該当しない場合は動作しません。

xが何であっても他の部分が一致していれば問題有りません。

2)(壱)2.2.x,2.3.x,3.xの場合

設定→アプリケーション→「提供元不明のアプリ」チェックをオン

(弐)4.0.xの場合

設定→セキュリティ→「提供元不明のアプリ」チェックをオン

3)Flashを表示出来ないAndroid端末からArchived Flash Player versions(Flash Playerの過去ログ)にアクセスします。英語だからってそっと閉じないで。慌てなければきっと分かるはず。

4)リンク先「Flash Player for Android~」の部分を探して見つけてください。やや下側です。

(壱)2.2.x,2.3.x,3.xの場合

「Flash Player 11.1 for Android 2.x and 3.x」の一番上をタップしてDLしてください。

(弐)4.0.xの場合

「Flash Player 11.1.for Android 4.0」の一番上をタップしてDLしてください。

5)DL完了したら上から通知を表示してダウンロード完了のところをタップ。

6)インストールをタップ。完了しましたの表示が現れたら完了をタップ。

7)ブラウザ開いてみてチェック。



この方法で動画サイト、mogg、ブーシュカ、その他ソーシャルゲームが

正常に遊べるようになるはずです。

万が一表示出来ませんでしたらコメントをお願いします。



記事検索

広告をクリックしてくれると
みかちが喜ぶかも?



人気ブログランキング