meblog.tech~めぶろぐてっく~

weblogを再定義しつつ、自分のブログをIT関連の内容を中心にして作りあげていきたい。

2013年01月

31 1

ナビゲーションバー表示

まあ例によってroot必須です。今回のものはICSで動作確認しています。



今回は物理キー(Xperia NX,acro HD等のセンサー物理キー含む)がある端末でもナビゲーションバー(戻るとかのボタンを画面下に表示する公式のアレ)を表示する方法についてさらっと説明。



手順は非常に簡単で

build.propに追記または書き換えをするだけです。



build.propに追記、書き換えする内容は以下のとおり。

qemu.hw.mainkeys=0

もう既にこの項目があり「~=1」となっている場合は1を0に書き換えしたほうがいいでしょう。



勘の良い人であればこのオプションは何を示しているかすぐお分かりになるかと思います。

実はこれはナビゲーションバーをオンオフするという意味のオプションでは無く物理キーが存在するかしないかという指定のオプションです。

0:物理キー存在しない(ナビゲーションバーオン)

1:物理キー存在する(ナビゲーションバーオフ)

という具合に。



つまり物理キーがある機種の初期状態では物理キーがあるからナビゲーションバーなど要らないでしょ?だから非表示にしますねと言う感じ。

この設定を0に変更すると物理キー?そんなの無いよ?と表面上だけではシステムに言い渡す形になるため、じゃあナビゲーションバーを出さなきゃとなるわけです。



かと言って0にしたら元々ある物理キーが効かなくなるのかというと答えは「NO」です。物理キーは余裕で使えます。

先ほど表面上だけではという表現をしたのはこういう意味です。



いつも通り拙い文章で申し訳ありませんでした。
27 1

2013Xperia新ロック画面導入

Screenshot_2013-01-27-22-15-56

話題のXperia Zに使われているロックスクリーンを導入してみました。



導入環境はXTXperience 8.1です。ICSのXperiaであれば問題なく導入できるとのことです。但し、root化が必要です。



【手順】

1)xdaのページからダウンロード

2)古い同名のファイルを他のsdcard内の任意の場所にコピーしてバックアップしてください。

3)ダウンロードしたapkファイルを/system/app/配下にそのまま上書きしてください。念のため644確認。

4)再起動。



【使用方法】

時計の左右にある音楽コントロール・カメラ起動のマークの使い方は、もう一方側の端にスライドするだけです。音楽コントロールの場合は前の曲、再生/一時停止、次の曲の3つのボタンが現れ対応アプリでは解除せずに操作できるようになっています。カメラの場合はクイック起動モードとして動作します。よってオート以外のモードに変更、ギャラリー表示等する場合はその際にロック解除必要になります。

ロック解除方法については「素早く」上か下へスライドするだけです。ゆっくりだとロック解除されません。また、ロック解除するためのヒントも初回しか表示されません。2012年までのあからさまな「ここをスライドすればロック解除できるよー」感が無くなりました。初見に対するセキュリティにはまあいいのかもしれません。(慣れている人からするとすぐわかるので何かしらセキュリティ設定は欠かせませんが)



【注意事項】

セキュリティ設定がスライドでないと動作しませんでした。それ以外のロックですと(但し無しを除く)旧仕様のロック画面のままでした。もしかしたら同じデザインなのかもしれませんがその可能性は低く恐らく一つの制限事項になってしまったのかもしれません。

また、ICSの公式ROMもしくはブートローダーアンロック不要のカスタムROMである必要があります。

ロック壁紙についてもデフォルトではホーム壁紙にかかわらずスクリーンショットの通りとなっています。変更できるかは不明です。尚、セキュリティ設定により旧仕様のロック画面の場合通常ホーム壁紙のままでした。



Screenshot_2013-01-27-22-15-56

↑通常時



Screenshot_2013-01-27-22-16-28

↑音楽スライド途中



Screenshot_2013-01-27-22-16-35

↑音楽コントロール表示時



20分で書き上げた記事となり文が粗末ですみませんでした。
22 1

主要キャリア3社の学割

やっと主要キャリア3社の学割キャンペーン全て発表されました。



【NTT docomo】(応援学割)

・指定料金プラン基本利用料3年タダ

・パケット定額1050円/月割引

・応援学割2012以外の回線は機種変更でも可(但し2012除く学割適用中の場合はXiが条件)

・同時に買い替えで家族も月額割引あり。



【au】

・指定料金プラン基本利用料3年タダ

・パケット定額525円/月割引

・新規MNPのみ適用可

・auスマートバリューと併用不可



【SoftBank】

・ホワイトプラン基本利用料3年タダ

・家族と同時契約で家族もMNPなら3年、新規なら1年基本利用料タダ



今年はSoftBank<<<au<<<docomoの順に割引率は大きい上、適用条件もかなりdocomoが優勢となっています。

上にはさらっとしか書いてませんので適用をお考えの際は念のためそれぞれのキャリアのページを見るか、ショップや電話で問い合わせたほうがいいでしょう。
22 1

docomo2013年春モデルを正式発表

NTTdocomoは2013年春モデルの詳細などを発表しました。



http://www.nttdocomo.co.jp/product/2013_spring_feature/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_2013_spring_feature



バッテリーはドンドン大きくなり画面も大きく(ry

画面ってこれ以上要るんですか?個人的には4.3インチくらいがちょうどいいんですけど…

せいぜい4.6インチくらいで限界です。



あとはXiの速度が速くなったのに対応したくらい?

目玉機種はNintendo DSっぽいNEC製MEDIAS、Xperia Z、Xperia Tablet Z、dTabくらい?
16 1

【お知らせ】スマートフォン版で表示が崩れる場合

スマートフォン版のヘッダー(ブログタイトル部分)が崩れて見えない場合があるようです。その原因と一時的な解消方法について解説します。



原因

無料レンタルサーバーによるテキスト広告によりずれて見えなくなる。



解消方法

この現象が起きてヘッダーが崩れた場合は再読み込みの操作をすることによりそのページにおいては解消します。関連記事等を閲覧するために移動した場合、その先のページでも崩れることがありますのでその際も再読み込みをお願いします。 また、無料で自由に構築するために犠牲にした部分でもありますので何卒ご理解ご協力お願いします。
15 1

XTXperience 9 Release!

予告通りしっかりアップロードされているようです。ブートローダーロック状態でも使えるカスタムROMとして暫くNX持ちの人が導入して遊んでいる状況です。



余談(Du@lCoreについての記述です。理解している方は読み飛ばしてください。):ちなみにこの他にNXで導入できるカスタムROMはDu@lCoreというのもありますがこちらはシンプルで余計なものが無いと謳っていることもあり、既にこちらもバージョン9ですがこのバージョンで更新が暫く止まっている状況です。(待機時の)電池持ちや安定性、一度導入したら後は触らなくても問題無いと言う部分を取るならDu@lCoreです。また、純Googleを求めていますのでNexusみたいな見た目を好む人もおすすめします。



変更履歴をもう一度貼っておきます。



V9 変更履歴

– スモールアプリの更新

– Liveware Managerの更新

– Xperia VのWalkman

– SD Mounterアプリの追加

– Google Nowの追加

– Xperia Zの壁紙を追加

– ドロワーのボタンを修正しXperia TスタイルにしたXperia Zのホーム

– 自動調整や撮影効果の付いたXperia Vのカメラ

– いくつかの肥大化しているアプリを削除



xdaのスレッドはこちらから。

導入するにあたり、xdaのスレッドをよくお読みになり、自己責任でお願いします。

NXの方、Sでブートローダーアンロックをしていない方は公式ROMを焼くことによって一時的に復旧出来ます。

ブートローダーアンロックをしているSの方は完全自己責任です。
15 1

もうXTXperience 9!?

というわけで作者がもうアップロード作業中らしいです。履歴の翻訳はこちら。

V9 変更履歴

- スモールアプリの更新

- Liveware Managerの更新

- Xperia VのWalkman

- SD Mounterアプリの追加

- Google Nowの追加

- Xperia Zの壁紙を追加

- ドロワーのボタンを修正しXperia TスタイルにしたXperia Zのホーム

- 自動調整や撮影効果の付いたXperia Vのカメラ

- いくつかの肥大化するアプリを削除

カスタムが捗るのは確かですが構築の時間が半端ないことを考えるとV10くらいになったときでも良いかな?と思えてきます。



(2013/1/15 21:45訂正 レイアウトが崩れていたのを修正)
15 1

docomo Xperia Z(SO-02E)発売日等確定か

情報がリークされているようです。

今年はXperia Zという名前のまま行くのでしょうか?

現在流れた情報は以下のとおり

発売日:2月8日

一括支払金額:85680円(分割は恐らく12ヶ月・24ヶ月。単純に分割。)

月々サポート金額:MNP3570円/月、新規機種変2520円/月



月々サポートは機種変をするもしくは24ヶ月経過するまでの

どちらか短い方となります。



しっかり2年使った場合は

MNP転入:85680円-3570円*24ヶ月=実質0円

新規機種変:85680円-2520円*24ヶ月=実質25200円

※「*」は掛けることを意味しています。



白ロム買いたい人にとっては超デカイ出費になる模様。

ぶっちゃけ8万あったらそこそこ良いノートPC買えるぞ?

NXですら本体価格5万円台だったのに…(実際はさらに月々で軽減)
13 1

新版(XTX8.1用)build.prop

やっぱり警告音差し替えって需要ないんですねwww

まぁ無音化の記事は山ほどあるのに差し替えの記事は無かった時点で

薄々感じてはいましたけどねw



というわけで

今回はXTXperience 8~8.1用build.propの提供です。

特徴としては

・docomo(SO-02D)新4.0.4ファームウェアfingerprint偽装

・docomo顔文字定義

となっています。



http://ux.getuploader.com/ukyankyan11/download/17/build.prop

ダウンロードは↑ここから



ちなみにdocomoの顔文字に関しては単なる定義に過ぎず、

実体のファイルは必要ですので間違いなくそちらも導入してください。

但し、この手順はGoogle 日本語入力を利用することにより実質スキップ出来ます。その理由は、以前UpdateでGoogle 日本語入力に主要キャリア3社の顔文字が内蔵に変更されたためです。もちろん、ATOKやSimeji、メーカー製のプリインストール変換ソフト等を使う場合は導入必須となります。(導入しない場合□←こんな感じのいわゆる豆腐になります。)
11 1

【完全独自】電池残量減少警告音差し替え(無音化じゃないよ?)

というわけで今日は電池残量が少なくなっている時のボボン!って音を変更してみました。



どう変更したかというと

「ボボン!」



「ボボン! 電池が少なくなっています。充電してください。」

と(softalkによる)読み上げを追加しました。

イヤホンで音楽聞いてる時ボボン!って音がして何事かと思って画面をいちいち見るという面倒くさい状況だったので差し替えました。



ファイル置いておきますのでついでに差し替えてみたい方はどうぞ。

差し替えファイル「ボボン! 電池が少なくなっています。充電してください。」



/system/media/audio/ui/に上書きしてください。ブートループが怖い方は先にCWMBackupすれば安心です。



もし他のが欲しければコメントもしくは自力で作成するのをおすすめします。



作る人向け導入方法

1 「ボボン!(何か追加)」という様式(例:今回の配布ファイル)にしたい場合はoggファイルを/system/media/audio/ui/からSDカードにコピーしてそこからPCにコピー。

2 1でoggファイルをコピーした方はそれをフリーソフト等でWAVに変換。

3 SoundEngine Free(個人・教育目的に限りフリー)を使いWAVを読み込んで切り貼り。

4 WAV保存してフリーソフトでoggファイルに変換。そのファイルを/system/media/audio/ui/に「LowBattery.ogg」とリネームしてからコピー。

5 端末再起動。後はお楽しみください。



記事検索

広告をクリックしてくれると
みかちが喜ぶかも?



人気ブログランキング