meblog.tech~めぶろぐてっく~

weblogを再定義しつつ、自分のブログをIT関連の内容を中心にして作りあげていきたい。

2013年08月

24 8

Xperia S 6.2.B.1.96 レビュー

ずっと6.2.B.1.200を使ってきていましたが標準ブラウザの読み込み途中にタップすると(何処をタップしようが)その直前のリンクを押した位置をタップしたと認識してしまうため時間争いとなるソーシャルゲームで誤爆が多く困っていました。

.211に移行しなきゃと面倒臭がっているうちにこのファームウェアの配信の噂が。それが配信されたらすぐやろうと決めていました。というわけですぐやりました。



Screenshot_2013-08-24-22-11-50



こちらが1.96(最新)のベンチスコア。3630















Screenshot_2013-08-24-19-00-37









こちらが.200(JB初期)のベンチスコア。3549













ベンチでも出ている通り、I/O処理が最適化され少し速くなった印象。



ただホームキーの割り当て変更に暫く慣れないかもしれない。

共通:1回短く→ホームアプリ起動

GB:長押し→最近使ったアプリケーション(直近8つ、タスクキル無し)

ICS:長押し→最近使ったアプリケーション(制限無し、タスクキル有り)

~.211のJB:長押し→最近使ったアプリケーション(ICSとほぼ同一)とスモールアプリ

今回のファーム:2度短く→最近使ったアプリケーションとスモールアプリ、長押し→Google Nowの起動

しょっちゅうGoogle Nowを誤って起動しちゃってます。早く慣れないと…w




24 8

【速報】Xperia S 6.2.B.1.96配信開始

この記事は速報となります。雑になりますが後に詳細記事をアップしたいと思います。



ほぼ噂での物と合致する内容ですが、ボリュームアップキーのバグが解消した模様です。
23 8

【root必須】GMusicFS

Cover artGMusicFS [root]



このアプリはGoogle Play Musicのクラウドサーバー(2万曲まで)に保存した曲を公式Play Musicアプリ以外で再生するための橋渡しを行うアプリです。

また、このアプリはroot権限が必要となっています。



以下適当に日本語に訳したアプリ説明です。(誤訳があった場合も私にその誤訳に対して賠償する義務は無いものとします。)



GMusicFSはroot化済み端末において殆どのサードパーティ製音楽プレイヤー(PowerampやPlayerPro等)にGoogle Musicのストリーミング再生機能をもたらすユニークなアプリです。



重要: Android 4.3とSuperSUとの組み合わせでは動作しません。Superuserとの組み合わせでは動作するかもしれません。(未検証)



GMusicFSはサードパーティ製音楽プレイヤーにおいてあたかも通常の音楽ファイルのように見せていますが、実際には(クラウド上にある)音楽ファイルを再生するまで音楽ファイルはダウンロードされません。



搭載されている機能:



- あなたがアップロードした音楽の再生やプレイリストの閲覧、All Access musicの機能をあなたのお気に入りの音楽プレイヤーで実行

- Google Musicのライブラリを変更した際、ライブラリと同期(メタデータのみ)

- データ通信量を節約するためSDカードに音楽をキャッシュ

- 設定可能なバッファ(プリロード)



GMusicFS Unlockerアプリを購入することによって次の制限が解除:



- 最大5つのアルバムまでピン留め可能(SDカードへのキャッシュ)

- 最大16トラックのGoogle Music "All Access"の再生(但しアプリの立ち上げ毎にカウント) 。通常のトラックに関しては元々無制限。



GMusicFSは端末、ROM、音楽プレイヤーなど全ての組み合わせでテストされているわけではありません。問題が発生している場合、星1つをレビューでつける代わりにデベロッパーにメールを送信リンクから私(開発者)に連絡してください。



セットアップおよびトラブルシューティングの際はアプリ内のヘルプセクションを読んでいることをしっかり確認してください。

(翻訳ここまで)



少し前までPlayストアではなくxdaに起動期間が限定されたベータ版がapkファイルの形でアップされていてそちらのバージョンを使ったことがありましたが、Wi-Fi環境下であってもブツブツ切れるわ音楽プレイヤー側でエラーが出るわで最悪でした。

ただ、今のバージョンはそうでもなく、再生を押した先頭5秒がかける程度で早送りなどしなければ普通に聞けるレベルにまで達しています。



こうなってくるとrootが必要なところや下手に早送り等出来ない(エラーになることがある)ため、不満がなければ公式アプリのほうがいいのかもしれません。
22 8

【今更記事】Google 日本語入力更新

アプリはこちら。Cover artGoogle 日本語入力



  • 辞書を更新しました。(まあいつもの更新)


  • メモリ使用量を削減しました。(悪くない)


  • 特定のアプリケーションで、入力中の文字列が意図せず確定されてしまう現象について、回避策を追加しました。(おっと!これは!)→後述


  • 画面の向きを変更した後、ハードウェアキーボード利用中であっても誤ってソフトウェアキーボードが表示されてしまう問題を修正しました。(ふーん)


  • Nexus 10等画面サイズが大きい環境下でソフトウェアキーボードを左右寄せした時に、候補ウィンドウの文字サイズが大きすぎる問題を修正しました。(スマホだから関係なし)


  • 変換候補に不要な<部分確定>が付与される問題を修正しました。(そうだったんだw)




というわけでかなり大規模アップデートが来てました。(8/6の更新)



注目して欲しいのが3番目。「特定のアプリケーションで、入力中の文字列が意図せず確定されてしまう現象について、回避策を追加しました。」とあります。

これはAndroid 4.0以上ChromeやAndroid 4.1標準ブラウザ等においてちらついて勝手にひらがなのまま確定されてしまう現象を回避しようとするということらしいです。

確かに暫く使ってみると今まで起きていたこの現象は確かに解決しており、以前よりスムーズに入力することができています。

しかし、この現象を回避しようと頑張ってるなーと思わせるような重さを感じることが若干ありまだまだ完璧な動作とは言いがたい状況だと思いました。



この現象はGoogle 日本語入力を利用している人に限り、ATOKやPOBox、Simejiを利用している方には全く関係の無い現象であることを最後に付記しておきます。
15 8

ある噂について・・・

Sony Mobile未提供のファームウェア「6.2.B.1.96」を搭載した「Xperia SL LT26ii」のスクリーンショットが流出(juggly.cn)



リンク先から抜粋して解説すると中国の掲示板サイトでスクリーンショットを投稿した方が居たようで。



  • 1080p動画撮影時のラグが解消


  • カメラのホワイトバランス調節機能のバグが解消


  • ベースバンドファームのアップデート→2Gのデータ通信がより安定。


  • ホームボタンへの機能の割り当て変更→長押しでGoogle Nowが起動、2回のタップでアプリ起動履歴が表示されるようになっているそうです。




後に同じビルドでXperia S、SL共にPTCRB認証も受けています。

これはXperia Sにも来るといいですね!1080pの動画撮影時のフレーム落ちは半端ないですからw

ただアップデートが来た際に間違えてGoogle Nowを起動することが増えてしまいそうな予感しかしなくてちょっと怖いですねw



記事検索

広告をクリックしてくれると
みかちが喜ぶかも?



人気ブログランキング