meblog.tech~めぶろぐてっく~

weblogを再定義しつつ、自分のブログをIT関連の内容を中心にして作りあげていきたい。

Windows

13 8

【Win10 Insider】新規でSkip Aheadにする方法

win10

Windows 10 Insider PreviewのFastリングに先日「Skip Ahead」が追加されましたが、すでに新規申込が終了しているようです。Skip Aheadでは、RS3に向けたバグ取りバージョンではなく、更に次のRS4に向けた
もちろん恐れることの無い私は受付期間中にSkip Aheadにしちゃいましたが、今設定を変えてもRS3向けビルド受信設定に戻ってしまうようです。
ですが、強制的にSkip Aheadにしてしまうことができるようです。続きを読む »
30 7

Windows 10の「ブランチ」は「チャネル」へ、Officeも変更

win10

【Windows 10・Office 365に関する重要な変更の最新情報です】
お久しぶりです。みかちです。ちょっと前にSurface Pro(New)のi7 256GB版を購入していました。今のところHIDPIで快適です。

さて本題。これまでのWindows 10では更新タイミングの調整を行うために、「ブランチ」を指定してきました。しかし、これからは「チャネル」に名称が置き換えられ、これを指定することになります。

また、Windows 10とOffice 365 ProPlus・365 Premiumの機能更新の一般展開時期が3月・9月の年2回に調整されます。これによって、各企業のIT担当者にとって、「計画と準備」→「パイロット(試験)展開」→「全体への展開」のサイクルを回すためのスケジューリングを行いやすくなります。
個人(特にパワーユーザー)にとっても、重い機能更新ビルドが概ねいつ来るのか、という予測と対策を立てやすくなります。
(個人用PCについてだけを考えると、WindowsもOfficeもInsider Fastな自分にとっては正直この辺はお好きに、って感じではあります。しかし、会社ではCurrent Branchで使用しており、周りに情報提供も行う立場であることから、熱心に情報を収集しております。)

詳細については続きから。続きを読む »
25 5

Insider Fastリングのリリース、最近は1週間に1度ペースが続く

win10
最近InsiderのFastリングがSlowな感じになっててつまらないな、と感じているみかちです。
近頃、日本時間の金曜日または土曜日にリリースされる割合が非常に高くなっています。続きを読む »
9 5

【注意】Windows 10初期バージョンセキュリティパッチ配信は今回で終了

win10
今日5/9、いよいよWindows 10 10240がサポート終了します。
今日のパッチ配信を最後にセキュリティサポートも含めすべて終了します。続きを読む »
6 5

Creators Update以後のスクリーンセーバー設定の場所

スクリーンセーバーって結構重要な機能なんですが、設定画面を探すのに一苦労しました。
いつものようにコルタナのところから検索しても出ません。更には、コンパネにわざわざ行って探してもありません。

「いやいやスクリーンセーバーってブラウン管焼付き防止のためだからもはや要らんだろ」
って言う方がまれにいます。そうじゃないんです。

スクリーンセーバーそのものよりも、自動ロックが重要なのです。
「無操作で○分経ったらロックを自動で掛けたい」という需要に応えるためには、未だにスクリーンセーバーが必要なのです。

この記事では、Creators Updateでわかりにくくなってしまったスクリーンセーバー設定の方法を解説します。続きを読む »
2 5

【WaaS】最近変更されたWindows 10サポートモデルの詳説

win10

【WaaS = Windows as a Service】
Windows 10のサポートモデルって実はひっそりと変更されていることにお気づきでしょうか?
IT部門の管理者ですらも、Windows 10のサポートモデルが複雑すぎることで、管理しきれていない部分があるのでは無いでしょうか。 

この記事では、MS公式の分かりにくい混乱する解説を噛み砕いて、一般人からIT部門の管理者までをターゲットにして解説いたします。

分かりにくい公式の解説はこちら。
サービスとしての Windows のクイック ガイド

(質問がありましたらいつものごとくコメントで質問どうぞ。) 続きを読む »
25 4

【実質無償期間延長】Windows 10にできなかった人も焦る必要はない。【2017/4/25追記】

【追記】初出2016/7/31、RS1のISOクリーンインストールに関する記述を2016/8/3追記致しました。

Windows 10の一般向け無償アップグレードが無事(?)2016/7/29 19:00を以って(表向きは)終了しました。

先の記事でも報じたとおり「Windows 10を入手する」アプリ(GWX.exe)での開始が封じられ、更に順次タスクトレイの表示すらも消えつつあるようです。これで昨年頭以前のKB3035583配布開始頃の状態に戻りましたね。


あわせて、Windows 10 ISOイメージの配布ページからも今すぐアップグレードの表示が消えました。

ところがまだWindows 10のデジタルライセンス認証発行サーバー自体は動作しているようです。
ここで幾つかライセンス認証についてを検証してみました。
一連の流れに関しては、Twitterのツイートで実況しておりましたので、そちらを引用します。

【2017/3/23追記】TH2時点のものですが、一部を除きRS1でも同様に未だに行ける模様です。 続きを読む »
21 4

【注意喚起】Windows 10の初期バージョンはまもなくサポート終了、早めのアプグレを

win10
Windows 10のうち一番最初のバージョンは、まもなくサポート終了です。
5月の定例Updateを最後に、セキュリティパッチの配信は停止しますのでご注意ください。

【追記】
LTSB 2015のことをすっかり忘れていました。
LTSBの場合は従来の5+5年サポートモデルのままですので、今回のサポート終了対象外です。
これはProと通常EnterpriseのCBBの方に影響があります。 続きを読む »
17 4

【Windows 10】14393(RS1)のISOを手に入れる方法

公式DL先
残念ながら現時点ではWindowsでこのサイトにアクセスすると、15063(RS2)のISOしかDLできません。 Windows 10のTH1とかTH2からのCBBの範囲内で、クリーンインストールの移行を考えている一般ユーザーはここで詰みます。

実は公式から14393はまだダウンロードできます。続きを読む »
11 4

【RS2以降】スタートボタン右クリックメニュー(Win+X)にコマンド プロンプトを取り戻すには

【23:19追記】追加の問い合わせがTwitterのTLで見られたので末尾に追記しました。

RS2以降ではスタートボタンを右クリックした時に出るメニューのうち、
「コマンド プロンプト」関連の2項目がPowerShellに置き換えられてしまいました。
無題3

これを簡単に設定で戻すことが可能ですが、RS2で「困った」と問い合わせる人が多く後を断ちません。
実はこの設定項目自体はWindows 8.1からあったのですが、デフォルトが今回変更され、大きな混乱を招いているという状態です。
そのため、Windows 10をTH1からお使いの方々は問題無いかと思いますが、
この記事ではメニューの項目を「コマンド プロンプト」に戻す方法について解説いたします。続きを読む »



記事検索

広告をクリックしてくれると
みかちが喜ぶかも?



人気ブログランキング